牧野のGIJIE LAB.【千葉・茨城でルアー釣りがしたいんですよ】

茨城(涸沼・鹿島サーフ)、千葉(利根川・内房・外房・南房)のルアーフィッシングのブログ。釣果は体力と気力でカバーしてます^^;

201810〜11 涸沼シーバスを3Dプリンタルアーで釣る【編集途中】

9月後半から10月中盤まで私用で忙しく釣りが出来ませんでした(泣)

 

ただ、10月中盤から11月まではそれなりに行けたので、その備忘録をば

【編集途中でしたが、なかなか手につかないのでupしてしまいます(^_^;)】

 

最盛期ということもあり、基本的に高活性

ベイト過多の場所にシーバスはボイルしまくり、間違いなくいるのではあるが、結局こういう魚は取るのが難しい

早めに見切りをつけ、ベイト量がそこそこな場所を探す‥だいたいこんな感じの釣り


f:id:gijielab:20181105140938j:image

今年はクロスウェイク、即ち、カビボラの当たり年?

ただし、誤爆、バラシが本当に多い!

理由はわからないが、今年は吸い込み系バイトが少なく、噛みつき系バイトが多い

そして噛みつきバイトのために水面へ飛び出た時、フックが口内に刺さらずに、外がかりとか、身体にかかりやすいためだと思う。

クロスウェイク、アクションは最高なんだけど‥



オグルは例年、シンプルに強い

ボイルがあっても、なくても強い。

【画像上げる】

 

んでんで、自作のシンキングトップウォーター

【画像上げる】

 

いわゆる普通のトップウォーターペンシルは水面に浮くためにウェイトを重くしすぎないが、このルアーは断続的なロッドアクションを加えて水面をキープすることを前提にウェイトを積み、そこそこ飛距離を稼ぐことに焦点を置いたルアー

断続的なロッドアクションで左右に頭を振りながら時折水面から飛び出すので、まさしく涸沼で追われているイナっ子演出になる。

【これが結構良い!】

これで遠くのボイルを狙って取った魚

 

大きいのは釣れないが(アクション大きすぎかな?)それなりのサイズはかかってくれた。

 

 

今年は数が出る年ということで、かなり楽しませてもらいました。

普段試さないようなことも出来たし、得意のバイブレーションでの釣りを抑えていたので、また新たにパターンの引き出しが増えたように思う。

 

ただし、凄腕はいつもどおりドンマイな結果に‥

 

なんと、今期の秋はランカーが釣れませんでした‥

何故か‥

正直言ってランカーらしき(少なくとも70up)シーバスとのやり取りは二、三回あった。

これが全部クロスウェイクのヒットだったもんだから、かかりどころが悪かったらしくバラシとなってしまった。

結局、言い訳なんですが(^_^;)

でも、この経験から来秋に作るべきルアーの構想は出来上がりそう。

 

 

まぁ、まだまだ頑張ります 笑

 

 

今年の釣り納めは、12月最終週になりそうかな?

冬ランカー取りたいですね。

(※取れませんでした 笑)

 

それでは皆さん良い釣りを!