牧野のGIJIE LAB.【千葉・茨城でルアー釣りがしたいんですよ】

茨城(涸沼・鹿島サーフ)、千葉(利根川・内房・外房・南房)のルアーフィッシングのブログ。釣果は体力と気力でカバーしてます^^;

20180303~05 一晩一尾!前編 ルアーで年無しチヌゲット!抜けないバチ抜け内房釣行

20180303 大潮 

20180304 大潮

20180305 大潮後の中潮

 

これはもう、行くしかないでしょう!

 

3日釣行の目的

今回の3日釣行にはブレない目的がある。

それは、まだルアーでシーバスを釣ったことのないTAKAのガイドである。

シーバス釣りの楽しみを共有したい牧野氏にとって、ここでTAKA氏が一匹だけでもあげてシーバス釣りの深みにズブズブとはまって欲しいと思うところ 笑

TAKAは03と05の二日釣行

牧野は三日間、みっちりと全日の釣り 笑

 

20180303 これが年無しってやつか!

~午前の部~

午前の部はTAKAと内房河川でウェーディング

土日、大潮ということもあってみなさん考えは同じか、大勢の人がたち混む

これだけ人がいるってことは、まぁ釣れてるのだろう。期待してキャストする。

ここで例年なら鉄板バイブのip13をブンブンするのだか、この日はnadaのスパロウを選択。たまには違うルアーも使わないとね!

特に何もなく、下げ潮が終わりあげっぱなとなり、ボラの活性が高まる。

瞬間、グワンとロッドが持ってかれる

かかった!!小さくロッドを煽り、フッキングを試みるが、フッ…と力が抜ける。

まさかのバラシ!

…あのね…鉄板はバレやすいんです…(藤澤さん風)…気をとりなおしてキャスト

となりでTAKA のドラグが唸っている

 

きたか!と思って横を見ると

 

ロッドが尋常じゃない曲がりで頭を垂れている…これはあれだね。ちゃんエイだねちゃんエイ。しかも小さくはない、ちゃんエイかいでーってやつ。寄せるのに手間のかかるサイズだ。

「大丈夫かー」と声をかけた時

 

牧野のロッドに新たな魚信が!

 

グングングンっと頭をふるような感触、これはシーバスっじゃないか!?

しかし、これも5秒くらいのファイトでフックアウト…

うーん。

この連発バラシ

漂う嫌な雰囲気…

 

スパロウのフックを確認するも、必要十分な鋭さは保たれていそうだ…

腕の悪さを補うフックが必要なのか、ip13の刺さりの良さを思い出す。

 

 

その後、上げ三部まで何もなく、また夜に向けての回復を含めて撤収

ま、まぁ夜が本番だから!ね!ね!

 

~夜の部~

夜の部は日が落ちる直前からスタート

場所を少し代えて、おかっぱりで挑む。

この時期と言えばバチパターン。潮まわりも申し分ない。

が、あまりバチが抜けない。。

潮回りが良いときでもバチが抜けないときは…

まぁ、ある。

あるが、魚はバチを意識しているはず。信頼のエリア10で挑む。

出ない!

あまりのバチ感の無さに移動、別河川へ

 

別河川も満員御礼、一人アングラーが帰るところだったので、そこに二人で入る。

が…

ここもバチ感が薄い…一応、バチを補食してそうなボイルが少ないがあるため、バチを意識して攻める…

 

つれねーです。です。。

 

あと一時間くらいであがるかーと考え出した頃、なんとなくこの状況が数年前の利根川に似てるなーと思い、その時連発したマリブのだだ流しにチェンジすると…

ッコーン!とあたり

ガッチリフッキングが決まっ…うおっなんだこいつ魚影小さめな割りにけっこう引くぞ…

水面飛んでこないし…シーバスか?

TAKAのサポートてランディング


f:id:gijielab:20180311223650j:image

君か!

しっかしガッツリ食ってますなー


f:id:gijielab:20180311223622j:image

なんかデカーイ

50upのクロダイちゃん!年無しってやつ?

 

どーりで引くわけだ(^-^;

ヒット場所は護岸付近。たぶん、水位が減って落ちてきたカニ何かとルアーを間違えたのかもしれませんな。

 

でもまぁ目的のシーバスじゃないわけで、次行こう、次!

……

………

しーん

 

結局この一匹のみでした。

すまんTAKA!

 

まだ、まだ明後日がある!

(牧野は明日もやる!)

 

明後日には確実にパターン見つけておくから!!

後編へ続く…