牧野のGIJIE LAB.【千葉・茨城でルアー釣りがしたいんですよ】

茨城(涸沼・鹿島サーフ)、千葉(利根川・内房・外房・南房)のルアーフィッシングのブログ。釣果は体力と気力でカバーしてます^^;

20170211 千葉県内房河川 バチ抜けシーバス

行ってきました毎年恒例のバチ抜けシーバス

この時期、千葉でのルアー対象魚といえば・・・

バチ抜けシーバス

ですね!

 

茨城からはるばる、元ホームフィールドの千葉は内房まで行ってまいりました。

(牧野は内房育ち)

 

バチ抜けとは

イソメやゴカイなどの環形動物が繁殖のために砂底などから一斉に抜け出てくる状況

これを捕食しにシーバスが河口や漁港に回遊する

そしてそのシーバスを狙いに釣り師が大挙しておしかける 笑

 

www.youtube.com

↑BROVIS宮川靖さん出演動画

宮川さんは関西をホームとする方なので、全てが千葉での釣りの参考になるわけではないが

しかし、バチの種類など、ためになる情報があるのでバチ抜けを狙う人は一見の価値あり!

 

ポイント到着も「向かい風の雪」

茨城か高速道路を使い、2時間ほどでポイント到着

今回は友人Y氏が同行

彼はまだシーバスをゲットしたことがなく、牧野としてはバチ抜け天国を経験させることで、とにかく一匹釣って欲しいと思っていた。

愚かにも牧野は彼に「絶対に一匹は釣れるから」と豪語していた。

 

 

しかし、釣り場についた途端まさかの雪が・・・・

しかも、時折吹く強風でまるで吹雪のよう・・・

 

同行者はこの雪の状況では寒くて投げられんと車内へ避難

牧野は「絶対に一匹は釣れる」を実証すべく、吹雪く釣り場に立つ

 

個人的バチルアーローテーション

当日の牧野のローテーションはこちら

先鋒:エリア10

→先鋒にして最強のバチ抜けシーバス捕獲兵器、ほんとによく釣れます。

....だが、当日はまったく反応なし、もしかしてバチ抜けてない?

 

次鋒:マニック

→水面曳き波系の雄、超簡単に引き波が出る。アピール勝負。

....これでも来ない。これはバチ抜けてないやつかも…

 

中堅:フェイクベイツ(リップ折れ)

→偶然の産物(リップ折れ)。過去に爆釣したのをきっかけに投入してみたが

....どうやらこれも違う模様

 

副将:トライデント

→バチが抜けてないことを考慮して広範囲をとにかく探るためにトライデントを選択

....ダメっすねー。しかしほんと寒い。雪の中3時間やってるしもう辛くなってきたぞ。

 

大将:ローリングベイト77

→バチが抜けているか不安になった時、底バチかと思った時によく使う

 とにかくゆっくり、底から一枚上を動かさないくらいで巻いてくる

....!!!!!!

根性の一匹!雪の中のシーバス!

ローリングベイトを選択して、ゆっくりと巻いてくる。

突然クッと入る竿先!

f:id:gijielab:20170212220444j:plain

きましたー

本当に嬉しい一匹

友人Yに報告し「絶対に一匹は釣れる」を実証してやりました!(得意気)

車内に退避していた他の釣り人にも「やるねー」と褒められちゃいました。

底バチ?それともバチじゃない?

結局、釣果があったのはこれだけ

釣れたルアーはローリングベイト77

使用時には底バチを意識したが、実際のベイトはなんだったのだろう?

シーバスの魚体も黒目だし、なんとなく居付きシーバスのような気がする牧野です。

 

バチの最盛期はまだすこし先?

また3月にバチ抜け挑戦します!

 

それでは、皆様よい釣りを^^