牧野のGIJIE LAB.【千葉・茨城でルアー釣りがしたいんですよ】

茨城(涸沼・鹿島サーフ)、千葉(利根川・内房・外房・南房)のルアーフィッシングのブログ。釣果は体力と気力でカバーしてます^^;

解放と茨城メバリング

年末進行終了!

 

久しぶりの釣りは

癒しのメバリング


f:id:gijielab:20161227232628j:image

 

追記はまた後ほど…

【釣具の科学】ナノアロイについて【ロッド】

釣具の科学解説シリーズ

本業は研究者の牧野が

釣具の科学

ざっくり解説するシリーズ。

 

第1弾は最近のハイエンドロッドで使われるナノアロイについて

 

ナノアロイって?

超簡単に言うと

日本有数の繊維・樹脂メーカー東レさんが開発した

「ごく小さい領域(ナノオーダー)での高分子と高分子の混合(ポリマーアロイ)を可能にした技術」

ここで高分子(ポリマー)=樹脂(プラスチック)、ゴムなど

東レの特設サイト(http://www.nanoalloy.jp/

 

ポリマーアロイって?

ナノアロイのベースとなる技術

これも超簡単に言うと

「本来その高分子が持っていない性質を、異なる高分子を混合することで加える技術」

例えば、脆い樹脂(ポリスチレン)に耐衝撃耐性 の強いゴム(ポリブタジエン)を混合することで、耐衝撃性に優れたポリスチレン(HIPS)となります。

この技術自体はポリマーの性質改質で良く行われてきた手法で、色んな企業、大学で研究されています。

 

※ルアーでよく使われるABS樹脂も

A(アクリロニトリル)B(ブタジエン)S(スチレン)共重合体であるので

実はポリマーアロイ技術の賜物

 

ほんじゃ、ナノアロイは何が良いわけ?

相反する性質を発現させるポリマーアロイの技術ではありますが

元々が異なる高分子同士を混ぜ合わせるという技術。

その性質は、高分子同士の混合状態や高分子同士が接する界面の状態に左右され、ある性質を良くすれば、一方の性質が悪くなる(トレードオフ)という状況が生まれます。

つまり、アロイ化する前の高分子本体の性質をまるまる引き継げるわけでは無いのです。

※乱暴な例えですが

卵焼きに枝豆を加える

→枝豆のちょっと固めな食感を感じることが出来るようになるが、何も入っていない卵焼きのふんわりとした食感は弱くなってしまう。両立はできない。

という感じでしょうか。

 

東レさんのナノアロイはこの点で従来のポリマーアロイと異なるようです。

高分子同士をナノオーダー領域で分散させることで、このトレードオフの関係を克服しているとのことです。

 

※乱暴な例えその2ですが

卵焼きにいい塩梅のサイズできざんだ枝豆を加える

→枝豆のちょっと固めな食感を感じることが出来るし、何も入っていない卵焼きのふんわりとした食感も感じることが出来る。かなり高度なレベルで両立している。

ということになります。

 

じゃ、釣り人としてはどう見ればいいの?

残念ですが、牧野はナノアロイのロッドを持ってません!(高い!)

だからお金持ちの人だけ買えばいいんじゃね?

 

東レさんのHPの物性から想像します。

ロッドに使われるプリブレグ(炭素繊維に樹脂を含浸したシート、CFRPの一歩手前)では、ナノアロイの適用によって、従来品(適用無し)よりもシャルピー衝撃試験での強度が高まっています。

簡単にいえばシャルピー衝撃試験に強い=衝撃に対してもろくない

ということになりますので

同重量?厚み?の従来品とナノアロイ適用品のプリブレグを使ってロッドを作れば

おそらくナノアロイ品の方が衝撃に強いロッドとなるでしょう。

また、同じ設計強度を出そうとしたときは、従来品よりもナノアロイ適用品の方が軽量に作れるはずです。

 

ピンピンに硬くて軽くて感度がめっちゃいいけど、脆いロッドってあるじゃないですか?(バス釣りハイエンド系のロッドでよくあったような…)

これが改善されて、感度最高で脆くないっていうものが出来たらいいですね。

消費者的には主観で評価するしかないですが。エギングで使いたい。

 

 また東レさんのHPから想像します。

層間靭性という特性が従来品よりも高まっています。

ロッドの使用により繰り返される変形に対して、CFRPの層間の剥がれなどがこの特性で改善されるとすれば、耐久性はモチロンのこと、商品出荷状態に近い感度や曲がりの特性を保ったまま従来品よりも長期間使えるでしょう。

 

結局ナノアロイって、どうなのよ?

技術的に素晴らしいことは間違いないです。

今まで不可能だったことを可能にしたのですからね。

 

ただ、ロッドにした際の実力は・・・すいません。

使ったことがなく、よくわかりません。精進します。

 

ナノアロイの実現において、尽力したのは東レさんだけではないようで

山形大学NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)もかなり力を入れて研究、開発にとりくんでいたようです。

山形大学は「だけじゃないテイジン!」で有名な㈱帝人が生まれた大学で、繊維や高分子に強い。)

 

ざっくり説明するつもりがかなり脱線しました^^;

ここまで読んでいただきありがとうございます。

こういう記事は定期的に更新してきたいですね。

 

今週末はヒラメ・・・に行きたいな!

それでは良い釣りを!

20年前にメモ帳、タグ打ちでHPを作っていた私が「はてブ」を始めて思うこと

PC閲覧向けブログデザイン変更してみました

随分簡単に色々できますね。

 

浦島太郎な気持ち

 私が初めてHPを作ったのは小学生五年生

ペイントで書いた魚をGIFアニメーションにして公開していました

 

地元のケーブルテレビでインターネットに繋いでましたので

そこのサーバー(容量10MBくらいだったかな?)を親が借りてくれたのです。

同時に親はHP作成の方法が書かれた本も買ってくれました

 

その本には「メモ帳にタグ打ちで各ページを作り、FTPソフトでサーバーに上げる」という方法が書かれていました。

当時、時間だけはあった私はその本を読み込んでHPを作り

無料レンタルBBS(懐かしい!)やお絵かきBBS(ああ!懐かしい!)

へのリンクを貼ったりして楽しんでいました。

 

まぁ広大なネットの世界ですし、ただの魚好き小学生が作ったHPに一般の人がそう沢山来るはずもなく

友達にアドレスを教えて、ネットという特殊な環境でじゃれ合うようなHPでした

 

でも、今はすごいですよね。

特に誰かに言ったわけでもなく、宣伝したわけでもなく

こんな辺境のブログにも毎日10~20人くらいの人が来てくれています。

正直これだけでも嬉しいもんです。

 

ブログの書き方を改めよう

でも、他のブログさんとかを見ていると

月に◯十万PVとか

これはもう私からすると天文学的な数字ですよ。

 

でもやっぱり、そういうブログの記事は面白い。

文章を読むだけで笑えたり、役に立つ内容をわかりやすく書いてあったり

前者には文章そのものに価値があるし、後者は社会的に役立ってる。

 

正直、牧野は釣り以外にあまり人に提供できる情報が無いので 笑

これからも釣りに関することを発信するのは変わらないですが

ただの備忘録ではなく、もうちょっと釣り人に役立つような記事にしていきたいなと

 

具体的には、牧野なりのシーバス釣りの思考法とか、シチュエーション別のおすすめルアーとかでしょうか。

 

ブログが釣り人「牧野」の発信基地になればいいなと

大層なことを書いてしまった…

 

今やスマホで何でも情報が入る時代ですけど

単純に情報があるだけの釣りって、ワンパターンに陥りがちで、上手く釣りきれないことが多くなると思うんです。そんでもって

「なぁんだ釣りって面白くないジャン」

とか思われちゃうと、釣りの本当に面白い部分を知らずに、入門者が去っていってしまうじゃないですか。

 

釣りの本当の面白さって

「ここ最近釣れてるルアーを投げた!釣れた!」という刹那的なものじゃなくて

戦略性とか、戦術性とか、そういうものがあってこそだってことを伝えていきたいですね。

まぁ、釣果で言えば、もちろん釣り場の最新の情報は大事ですけどね

(台無し)

 

ブログで知り合った人と一緒に釣りに行ったりも楽しそうですし…

釣りに興味がある人に釣りを教えてあげることも好きですし…

いつかそういうこともしてみたいですね。

(釣果は保証できませんが 笑)

 

今日はこれからちょっと仮眠してヒラメあたりを狙いに行こうかなと思います。

それでは、皆様よい釣りを!