牧野のGIJIE LAB.【千葉・茨城でルアー釣りがしたいんですよ】

茨城(涸沼・鹿島サーフ)、千葉(利根川・内房・外房・南房)のルアーフィッシングのブログ。釣果は体力と気力でカバーしてます^^;

201807~09 自作3dプリンタールアー涸沼でプチ爆。感じた3dプリンタルアーのメリット。

 いい釣りしてますかっ!

牧野です。

そもそも戯言ばかりの釣り日記なので

同じく戯言吐き出しツールのtwitterばかりやってると更新をなまけちゃいますね。

そんな戯言が聞きたい方がいたらフォローをお願いしたい。

牧野ヒロユキ (@fff_h_makino) | Twitter

お願いしたい!

 

最近の釣り 自作3dプリンタでプチ爆釣

くぼっちょ氏よりルアーのモデリングを習ってから

ルアーのモデリングを楽しんでいます。

f:id:gijielab:20180911213703j:plain

初期に作ったシンペン

f:id:gijielab:20180911222311j:plain

これを理想の動き【どんな速度でもアクションを止めることなく、本当にゆっくりシャローを引けるシンペン】に調整(現実的にはウェイト調整とボディ形状を変更)していった五作目くらいが7~8月の涸沼でプチ爆しました。

 

f:id:gijielab:20180911213110j:plain

このシンペンの初ゲットがなんと73くらい

 

f:id:gijielab:20180911222534j:plain

続いて68

 

f:id:gijielab:20180911213120j:plain

50くらい?

 

f:id:gijielab:20180911213130j:plain

これも50くらいか?

 

f:id:gijielab:20180911213134j:plain

これは60くらいあったかな

 

もちろん一回の釣行だけではないし、ほかの市販ルアーでも好調でいい感じに釣れてる。(例:クロスウェイク、スイッチヒッター、スウィングウォブラー、ジンペンなどなど)

フィールド(つまり涸沼)のコンディションが良いのだ。

とはいえ、このシンペンでトータル10匹くらいは釣りあげたんじゃなかろうか

本当に調子が良いもんだから、同行した初心者の友人に貸してみたら

 

一時間後に割れて帰ってきた(;´・ω・)

 

仕方ない。ABSじゃないし、PLAだし、射出じゃないし、そのへんの耐久性はやはり難はあるものだ…。

再生産できるし、むしろ再現性を取る実験になって良い機会と考える!

 

自作3dプリンタルアーの圧倒的カスタマイズ力

基本的に市販のルアーはある程度のフィールド・顧客に対応すべく一般化とも言うべき視点が取り入れられている。

それは、アクションであったり、飛距離の点であったり、レンジの点であったり、見栄えの点であったり…ルアー1つとっても実に様々な要素で一般化が求められる。

ともかく、売れなければならないという宿命を背負った市販のルアーには多くのものが求められているということなのだ。

※一時期ダイワが出していたリアルボラカラーなどは、その使命を「カラー」という点で全う出来ずにワゴンセールに出されるという憂き目にあった。

 

その点自分で作った3dプリンタルアーは

ある性能に特化させ、あとは目をつぶる

ということが可能になる

 

今回のシンペンの場合は

飛距離 捨て

見栄え 捨て

アクション 涸沼特化

レンジ   涸沼特化

 

という方向性を持って作れるので、あるフィールドに精通した人が

理想のものを作ろうとした時にかなり有用な方法であると言える

 

のではないだろうかっ!

 

とはいえ、塗装技術は身に着けたいところ

見栄えは気にしない!

なんて言っといてあれなんですけど。

やっぱりルアーの魅力って外見にも宿ると思うのです。

でなければメガバスのルアーがあんなに魅力的なわけがあるまい!

ということで、塗装技術にも磨きをかけていきたいなぁと思う今日このごろです。

でもエアブラシできる場所なんてないんだな…。そのへんは、後々に考えます。

 

それではみなさん。良い釣りを!(^^♪

201804~05 南房遠征アオリイカ+涸沼70up水揚げ

アオリイカ釣りでここ最近思うこと

人的プレッシャーの高い房総地域のおかっぱりの海釣りって

「飛距離が大事じゃないか…。」

ということです。

 

なにも飛べばいいという訳でなく

 

ひとつ先のストラクチャにアプローチできるという意味で…

(遠くの根まわりにキャスト出来るとか)

 

今回釣ったアオリイカ

比較的長い96のシーバスロッドだから攻めれた根まわりで釣れました。


f:id:gijielab:20180516093450j:image

 

房総の春アオリって、もはや戦略的部分(潮、月齢、ポイントの人的プレッシャーなど)に注力するだけでよくて、戦術的部分(シャクリ、キャストなど)はあまり関係無いのでは…?

 

と思っていたので、以外とそうでもないなーと思った釣行でした。

 

アオリイカのプロアングラーの方に

房総でアオリイカ狙いでやってほしい 笑

もしそんなdvdがあったら、買いますよ!

 

 

涸沼シーバス

 

開幕してます。


f:id:gijielab:20180516094735j:image

特に今年は魚の引きが強い。

ハクの量も例年よりすごく入ってます。

(昨年の涸沼は水が悪くて、ベントス含む泥がたまりボラのエサ増加→ハク多量)

シーバスも五月にしては多め?に感じます。

(黒潮蛇行→イワシ近海に寄らない→シーバスがハクを優先的に食いにきてる)

みたいなことが起こってるかもしれません。

 

名手のブログではデカめのルアーで釣ってる方が多いです!

が!

私はやっぱり食べやすいハクを狙ってると思ってますんで、ハクパターン狙いでやってます。

 
f:id:gijielab:20180516095724j:image

 

サイズは選べませんけどネ(゚∀゚*)

 

自作ルアー計画も進行中!


f:id:gijielab:20180516095954j:image

 

涸沼本湖で使えるルアーも作ってきたいですね!

 

それではっ!

 

 

 

20180415 3Dプリンターでルアー作ってみたっ!そしてシーバス釣った!

Twitter初めてからブログの更新が滞っております。

やっぱり手軽さがいいんだろうなぁ。

 

ということで!

 

題名にもある通り、今年の目標の1つである3dプリンターで魚を釣る!

 

を達成しましたのでご報告 笑

 

スマホ更新なので、あまり詳しく書かずにプロセスを説明

 

3dプリンター買う 2月

3dモデリングソフトを導入 2月

モデリングのプロに1日まるっと講習してもらう 3月

(くぼっちょさん)

表層シンペン、中層シャッド、ボトムバイブのルアーを設計  3月


f:id:gijielab:20180425114932j:image

一回目の釣行は表層シンペンでまさかのバラシ!

f:id:gijielab:20180425115051j:image

リップ付きシンペンの必要性を感じ追加

ボトムバイブの動き修正


f:id:gijielab:20180425115143j:image

二回目の釣行、ボトムバイブで50cmをゲット!


f:id:gijielab:20180425114416j:image

 

ちなみにゲットしたのは涸沼川ですね。

あまりこの時期に涸沼川で釣りすることは無いのですが、見極めれば以外と釣れるもんですね!

 

こうして今年の目標を1つ達成(*≧∇≦)ノ

 

ここまで以外とすんなり来て驚き

元々バイブの釣りが得意なんで、ルアーの性能よりも腕で無理矢理とった感じにはなってしまったけど…。

 

自分でルアー作って見て、市販のルアーはすごく良く動くように作られていると実感した。

 

でもルアー作ってみると、不思議とルアーに足りないところが良くわかるようになる。

色々とやりたいことが生まれてくる。

もしかすると、すごい趣味に出会ってしまったかもしれない…。

 

そのうち茨城のアングラーが使って釣果を増やせるようなルアーを作ろうと思います。

そのときは、誰かに使って貰えるといいな 笑